HOME > 印刷事業 > 企画出版

企画出版

企画出版

マーケティング

「安くしないと売れない」と考えるのは、量を販売しようとするからです。 一定の購入者が想定でき、求める人が購入する場所で売れば、販売価格には弾力性が発揮できます。 著者の本当の想いが相手(読者)に伝わってこそ意味のある出版になりますから出版の際に より重要になってくるのがターゲットや地域・年代等の様々な外的要因です。

この基本を外してしまうと著者の希望通りには行かずうまくメッセージが届きません。 また、パレートの法則にあるように売上の80%を全体の20%で売り上げている現状から考えると この20%にどのようなアプローチをとるかを考えなくてはいけません。

また、残りの80%のロングテールと言われる部分の顧客に 出版された書籍にいかに身近な存在にしていくかが更なる課題です。 このように表面に見えている事だけを解決するのではなく、 その背景や著者の想いを具体的にバランスを取りながら表現する為に我々はお手伝いをします。

印刷のご用命はコチラからお願いします ページトップ

企画

出版にあたり課題は山積しています。 企画の段階からより多く我々が係わり著者の想いが存分に表現された出版物を 世の中にどのような内容で出版していくか、との飽くなき闘いを展開していきます。

書籍等の販売部数は減少傾向にありますが、 2006年の段階で7億6千万部と強敵が数多く存在しています。 その中でどのようにしてより多くの方に目にして頂くかということを、 競合をベンチマークベンチマークし続けることで新たな企画に生かし提案をしてまいります。

印刷のご用命はコチラからお願いします ページトップ

デザイン

色やデザインには視覚に訴えかける要素が欠けていては全く意味のないものになります。 それはただの風景にしかならないからです。かえって見ている者の期分を害する事もあります。 また、デザインはただ格好良ければ良いというものでもありません。

果たしてそのデザインによってその出版物の何を表現したいのか?また何を表現しているのか? を正確に表すことが出来て初めてデザインと呼べます。 より戦略的なデザインにする事によって相手に違う印象を与えることができるからです。 そのために我々は常にベンチマークを欠かさず行い、勉強をし続けて高いクオリティを提供します。

印刷のご用命はコチラからお願いします ページトップ

記念誌

最近は昔のように重厚な豪華本ではなく、手軽で内容も読みたくなる本への変化してきています。 記念誌には主に2つの役割があると言われています。 1つはPR効果を持った役割。これは、社会的信用へ繋がる等の効果があります。 もう1つはCI効果です。こちらは業績などを知ることで教育効果や愛社精神を育てると言われています。 記念誌作成には少し時間がかかります。

「10年1年」という言葉があるように10年分をまとめ上げるまで1年かかるというのが一つの目安です。 是非、一つの区切りに記念誌をされてみては如何でしょうか?我々が1からお手伝いします。

印刷のご用命はコチラからお願いします ページトップ

自費出版

「サンダセレクションプレス」は自費出版の蓄積・公開活動(書店販売)と連動しながら、 自費出版物に光を当て、著者の功績を讃え、かつ自費出版という情報発信方法の再評価、活性化を促進しようと考えております。 実業家の皆様にとって、会社案内と共に出版物がセールスプロモーションのツールとして役立っているようです。

過去の足跡や会社・仕事に対する想い、取り組み方を様々な形で書籍に取り入れて、 ただの読み物としてだけでなく販促ツールとして使用する事で先方に安心感を与える効果等もあるようです。 その他、さまざまなジャンルで活躍されている皆様も自費出版から書店販売へチャレンジされています。 まずは緻密な打ち合わせから始めましょう。

印刷のご用命はコチラからお願いします ページトップ

広報誌

いま、時代の要請は、的確な広報・PR活動です。 発信者側の姿勢、主張、願いを読者に伝え、読者の理解や協力を得て事業を推進することが大切です。 その重要な手段の一つとなるのが広報誌です。 幅広い情報網を持つ我々は長い伝統による豊富な経験から得たノウハウと、新しいセンスと技術を駆使して、 紙媒体の特徴を生かした、最大のコミュニケーションツールになるような、読まれ、親しまれる広報誌づくりに取り組んでいます。

印刷のご用命はコチラからお願いします ページトップ